1. ホーム
  2. 車に関する基礎知識
  3. ≫ 修理か買い替えか?車への愛着と金銭的な問題をしっかり検討してみて

修理か買い替えか?車への愛着と金銭的な問題をしっかり検討してみて

修理をすればまだしばらく乗れる状態の車で、愛着も大きいなら、修理して車検を通すのも良いかもしれません。

しかし、やはり修理が必要ということは、それなりに車両の状態も悪くなってきていると思われます。

その場合、修理費用をかけて車検を通して乗り続けるよりも、思い切って買い替えてしまった方が良い可能性もあります。

 

修理して車検を通した場合、目下必要になるのは修理費です。

20万円程度の修理費というと迷うところではありますが、問題なのは、車検後にも必要になってくる燃料費等のランニングコストでしょう。

まだ新しいのに事故などで修理が必要になっただけならば、車検後の燃費はあまり問題にならないと思います。

ですが、年式が古い車両で、経年劣化によって修理が必要になってしまっている場合、修理して車検を通しても、その後のランニングコストが負担になってしまうかもしれません。

 

思い切って買い替えるとなると、やはり買い替え費用は大きな負担になるでしょう。

ですが、最近は比較的新しい車でも、中古や新古でだいぶ安く買える場合が多くなっています。

 

買い替えの場合は修理費よりもコストは大きくなりますが、新しめの車なら燃費性能も向上しており、日常的なランニングコストが抑えられるという利点があります。

とはいえ、買い替え資金が足りない場合は修理して乗り続けるしかないかもしれません。

 

車検合格に修理が必要な場合は、現在の資金と車両そのものへの愛着や、今後の生活での車の使用頻度などを総合的に考慮して、修理か買い替えるか検討してみると良いのではないでしょうか。