1. ホーム
  2. 車を高く売る方法
  3. ≫ 下取と買取の査定方法の違い

下取と買取の査定方法の違い

a1180_009233

 

新しい自動車は買いたいけれども、現在乗っている自動車はどうすればよいかと悩んだことがある方は多いと思います。

 

もしも事故を起こしてしまってもう乗ることができない状態ならば廃車になると思いますが、まだ乗ることができて自動車としての価値があるようならば下取りや買い取りをすることが良いと思います。
実は私は車の買い取りと新規購入をあわせたものが下取りなのかと思っていたのですが、それは大きな勘違いでした。

 

一般的に「下取りと買い取りでは査定の方法」がまったく異なります。

 

下取りの査定額は車種や年式やグレードや走行距離など誰が見ても同じ「簡単なデータから機械的に算出される」といわれています。

 

一方で、買い取りの査定では、さきほどのデータのほかに現在のその自動車の「需要や人気度合い、装備、オプションなど細かな価値まで考慮」して買い取り価格を決めます。
そのため、人気や需要がある自動車ならば下取りよりも買い取りのほうが高い買い取り価格になる可能性があります。

 

自動車を売る場合はできるだけ買い取り価格を高くしてほしいと思うものです。

 

そこでいくつかの簡単にできる自動車を高く売るコツがあります。
それをするだけで数万円から数十万円も買い取り価格が変わってしまうこともあります。

 

そのコツとは査定前に簡単にできる手入れをできる限りやるということです。
査定といっても人間がするものなので印象で買い取り価格が変わってしまうこともあります。

 

そこで洗車をしたり、車内の掃除をしてきれいにします。

飾りつけなどはとっておいたほうが無難です。

 

また、小さな傷などは市販の補修ペイントやタッチペンや研磨剤で手入れすることができます。

 

しかし、大きなキズやへこみの修理や車検などの費用は買い取り業者のほうが安く抑えることができることが多いです。
買い取り価格が少しあがるかもしれませんが、かかった費用と差し引きすると逆に損をするかもしれませんので、そこまでする必要はないと思います。