1. ホーム
  2. BMW
  3. ≫ ローバーミニ(ミニクーパー)の買取査定ってどうなの?

ローバーミニ(ミニクーパー)の買取査定ってどうなの?

miniiii

yajirusi  ローバーミニの買取査定相場の目安

 

line10

 

bg019_img04 最安値の目安 bg019_img03  最高値の目安
10万円 127.6万円

みんカラ下取相場(2013年10月10日調査より)

line10

 

 

私は今までに一台だけ車を持ったことがあります。

 

忘れもしない「ローバー ミニ メイフェア」です。

 

小さいながられっきとしたイギリス製の外車で、1000ccですので軽ではありません。

 

今ではフォルムが丸くなっていますが、オールドタイプはミニカーのように四角く可愛らしいデザインです。
免許を取る前からその形だけに憧れていて、免許をとってすぐに購入してしまい、若葉マークをつけて運転していました。

 

ローバーミニは、小さいので軽そうに見えるのですが実はパワステではなく、実際に運転してみてからそのハンドルの重さに気が遠くなりそうでした。

 

特に助手席に人を乗せて右折する時には大声で気合を入れないと動けないほどでした。
エアコンもついていたのですが、作動しているときにはアクセルを踏んでも加速が悪く、特に信号待ちからの発進の際にはいつも後ろからクラクションを鳴らされてしまいました。

 

それでも憧れのミニを手に入れたことで、車の運転とは縁のなかった私の行動範囲がぐんと広がりました。

 

シンプルで余計なものは何一つ装備されていなくて、内装は直線が基本です。
走っているだけで周囲の視線を何となく感じるという優越感を感じることができました。

 

結婚して手放してから、レンタカーを始め様々な日本車を運転してきて、あらめてミニがいかに扱いにくい車であったかを認識しました。

 

右ハンドルでしたがウィンカーは左で、クラクションはスポイト式、おまけにシフトにはパーキングがなく、窓もドアも手動という、日本車からは想像もつかない仕様でした。

 

しかし私にとっては過去で一番扱いにくい、でも一番愛着のある車でした。
もしも自分の為だけに車を購入して良いのなら、またミニを選ぶことでしょう。