1. ホーム
  2. トヨタ
  3. ≫ トヨタ・ノアの買取査定ってどうなの?

トヨタ・ノアの買取査定ってどうなの?

noaaa

yajirusi  ノアの買取査定相場の目安

 

line10

 

bg019_img04 最安値の目安 bg019_img03  最高値の目安
8万円 181.8万円

注:みんカラ下取相場でグレードが明記されている買取査定額(2013年10月10日調査より)

line10

 

私の家では通勤用と買い物用の2台の車を所有しています。

 

ここでは、買い物用の車をご紹介いたします。
今まで2回買い替えをしています。

 

1台目は、「スズキ」「アルト」・中古です。

 

これは私の奥様が近所に買い物に行くため用に、スズキのディーラーで購入しました。

 

外装内装ともにピカピカで走行距離は1,000キロの極上車でした。

ボンネットを開けてエンジンルームを見ると、新車と見間違えるくらい綺麗でした。

 

販売担当者によると、ある会社の営業車の予備車だったそうです。

その会社は営業車をかなりの台数持っているので、毎月数台が車検になりその都度代車を借りるくらいなら予備車を所有したほうが便利と考え、2台予備車を持っていたそうです。

 

維持費等の経費削減の為手放した1台ということでした。

アルトは正直おすすめしません。

 

まず、軽ですので、スタートも加速も遅いです。

幹線道路の右側車線を走っていると、結構あおられます。

 

そして、乗用車では考えられませんが、夏に天井が熱くなります。

天井からの熱で、エアコンなんて聞きません。

 

天井が低いので本当に頭のあたりが熱いのです。

それから、全体的に狭いのですが、とくに足元が狭く、左足の置き場に困ります。

 

2台目は、「トヨタ」「ウィルサイファ」・新車です。

 

トヨタのディーラーで購入しました。

子供が生まれて、事故にあった時の安全性を考えると軽自動車では不安があったため、サイファにしました。

 

乗ってみると、やはり軽とは違いカチッとしたしっかりとした感触です。

外見はWiLLシリーズ共通ですが、とても個性的で人目を引くデザインです。

 

信号待ちをして停車しているとき、外人さんに写真を撮られたこともあります。

内装は外装と違い、わりとシンプルでした。

 

G-BOOKとう情報通信サービスがついていましたが、あまり使い勝手がよくなかったので、触ったのは最初だけでした。

 

3台目は、トヨタ「ノア」・新車です。

 

トヨタのディーラーで購入しました。

2人目の子供が生まれて、5人乗りのサイファでは狭くなったため8人乗りのノアに買い換えました。

 

ファミリーカーなのでカッコは正直いいとは思いませんが、とても乗りやすく良い車です。

規制するために1日で高速道路を500キロぐらい走ることがあります。

 

サイファの時は結構つらかったのですが、ノアでは楽ちんです。

 

この3台の中では、ノアが一番おすすめです。

次に買い換えるときもノアにしたいと思っています。