1. ホーム
  2. 車を高く売る方法
  3. ≫ ディーラーよりも中古車センターの方が高額買取の理由

ディーラーよりも中古車センターの方が高額買取の理由

a0006_001084

 

ここ数年、女性に愛されるようなキュートでお洒落な車が増えてきています。

やや旧型の車に乗っている方は、それらの車に乗り換えたいと思っているかも知れませんね。

 

しかし新しく車を買う以上、当然ながら費用が掛かることになります。

国産の車の場合はそんなに高額ではありませんが、それでも手軽に買えるという訳にもいきません。

 

そこでポイントになってくるのが、今乗っている車を出来るだけ高く売るということです。

新車購入後の支払いに備えて、まとまったお金を手にしておくことは大きなアドバンテージになります。

 

どこに売ってもそれほど差はないのでは?」と思っている方もおられるかも知れませんが、そんなことはありません。

ハッキリとした差が出る場合が多いのです。

 

まず、新車を購入するディーラーに下取りに出すのは避けた方が良いでしょう。

中古車センターなどの買取の専門店に売る方が、一般的には高く売ることが出来ます。

 

ディーラーに下取りに出した車は、系列や提携している中古車センターに売られていきます。

 

結局向かうのは中古車市場なのです。

つまりディーラーに下取りに出すということは、「仲介手数料を払って中古車センターに売る」ことになるのです。

 

なので、自分で直接中古車センターに売却した方が、仲介手数料分を節約出来ることになりますね。

 

そして売却先の中古車センターを選びます。

以前は多くの中から、一番高い見積もりを出してくれる中古車センターを見つけるのは大変でした。

 

しかし最近は違います。

中古車の一括査定を行えるサイトがありますので、そこから売却先を見つけると良いでしょう。