1. ホーム
  2. 車を高く売る方法
  3. ≫ 車を売却するには2つの方法があります

車を売却するには2つの方法があります

a0006_001112

 

現在、所有している車を売却するには大きく分けて二つの方法があります。

 

先ず一つ目は、新しい車を購入する「ディーラーに現在所有している車を下取りに出す」という方法です。

 

インターネットが普及する前はディーラーに下取りに出すこの方法が車を売却する一般的な方法でありました。
この方法は面倒が少ないというメリットはありますが、下取り価格と新車の値引き価格とが一括して提示されることも多いのです。

 

下取り価格と値引き価格が両方ともに車を売る側に有利になっているのか否か分かりにくいというデメリットがあります。

 

二つ目は「車買い取り業者に売却する」方法です。

現在ではインターネットの普及していますので「ズバット車買取」などの一括見積もりサイトを使えば、面倒なく数社の車買い取り業者の見積もりをとることができます。

 

この時になるべく大手の買取業者と中小の買取業者が混ざっているようなサイトがよいでしょう。
数社から見積もりが出てきますので、競争の原理が働きますから、業者はなるべく高い値段を出すようにしますので車を売却する方には有利に働きます。

 

そして何よりも車を売却する方に良いことは数社から見積もりをとることによって自分の売りたい車の相場がある程度は把握できるということです。

自分の売却したい車の正しい価値を交渉の事前に知ることができるのはかなり有利と言えます。

 

これを知っていればディーラーに下取りを出すことになっても、安く買い叩かれる危険性は少なくなります。

見積もり自体は無料ですから利用するのが常識になってきているとも言えるのです。