1. ホーム
  2. BMW
  3. ≫ BMW320の買取査定ってどうなの?

BMW320の買取査定ってどうなの?

bmw

yajirusi  BMW320の買取査定相場の目安

 

line10

 

bg019_img04 最安値の目安 bg019_img03  最高値の目安
18万円 405.8万円

注:みんカラ下取相場でグレードが明記されている買取査定額(2013年10月10日調査より)

line10

 

私は今まで4台の車を購入し、先の3台は10年以上所有し、4代目の今の車も購入から6年目になります。

 

初めて購入したのは目の購入したのは「ホンダ」の「ワンダーシビック」でした。

 

社会人になって初めて購入した車で180万円ほどだったと思います。

好きな色が赤だったため迷うことなく赤を購入しました。

 

2代目は「BMW320」のやはり赤色を購入しました。

 

買換えを考えていたときに、ドキュメンタリー番組で乗用車の衝突実験をしているのを見たのがきっかけでした。

国産車がことごとく潰れていく中、BMWは潰れなかったのです。

 

見分不相応かとは思いましたが、命を最優先にすることを考え430万円で購入しました。

 

先のワンダーシビックは濃い赤だったのに対し、2代目は朱色にも見える明るい赤色でした。

BMWの運転時の安定感と加速時のシートに体が吸い付く感じの乗り心地を味わっていたのですが、13年目になってついに部品が手に入らないとの理由で修理が出来なくなり、維持してくことができなくなりました。

 

BMWの乗り心地の良さを手放す気にはなれず、3代目もBMWを購入しました。

限定販売された車に家族で一目惚れしてしまったのがきっかけでした。

 

BMW528」の青でしたが、光の当たり加減によって全く違う印象を与える色合いでした。

 

5シリーズは一回り大きな車体となり、町乗りでは不自由かと心配ではありましたが、乗ってみると小回りが利きとても乗りやすい車種でした。

ハンドルを切るとあるときを境にキュッと曲がることができたからです。

 

しかし子供を連れてレジャーに出かけるにはBMWのトランクは狭く不自由でした。

 

そこでレジャー用の車として「日産」の「セレナ」を購入することにしました。

 

BMWとの2台持ちです。

これはディラーの試乗車として使われていた新古車で、4WDでオートドア、バックビューモニターだけでなくサイドビューモニターもついて230万円で手に入れることができました。

 

インターネット上で中古車情報を検索していたときに市内のディーラーが売り出しているのを見つけ、直ぐ見に出かけてその場で決めた車です。

見つけて予約をするまで2時間という、信じられない速さで我が家の車となったのです。

 

2代目のBMWも13年乗った後、状態が良いとマニアの方が譲り受けてくれました。

今は6年目となったセレナを乗っています。