1. ホーム
  2. プジョー
  3. ≫ プジョー206の買取査定てどうなの?

プジョー206の買取査定てどうなの?

pujyo206

yajirusi  プジョー206の買取査定相場の目安

 

line10

 

bg019_img04 最安値の目安 bg019_img03  最高値の目安
1.5万円 37万円

注:goo下取相場でグレードが明記されている買取査定額(2013年10月10日調査より)

line10

 

私は今までに2台の車を購入しました。
いずれも新車での購入です。

 

1台目の車は、「プジョー」の「206」という車です。

 

フランスの車であるプジョーの206という車が気に入ったのは、ズバリデザイン性でした。
当時私はミッション車が好きでしたので、ミッション仕様がある206にしました。

 

車体のデザインももちろんですが、プジョーのエンブレムもとても気にいりました。
カラーはチャイナブルーという車で、非常に綺麗な色でした。

 

次に購入した車もプジョーでした。

 

これは今現在も乗り続けているのですが、プジョーの「308SWプレミアム」という車種です。

 

206も非常に気に入っていたのですが、後部座席に乗り込む際に助手席もしくは運転席を倒さないとダメなパターンでした。
子供が生まれて、チャイルドシートに載せる際には、この仕様では何かと不便でしたので、乗り換えました。

 

私自身がミニバンが苦手でしたのでステーションワゴンタイプの車を探していました。
機能面や安全性などまた、少しの遊び心などがある車が良いなと思いました。

 

様々なディーラーさんに行きましたが、やはりプジョーの顔つきが忘れられず、ちょっと覗いてみようかな?とプジョーのディーラーに行くと、7人乗りの車が登場していました。
ひと目で惚れ込んでしまう、結局プジョーからプジョーに乗り継いでいます。

 

こちらの車はオートマでしたが、ミッションオートマという機能がついているので、運転も非常にしやすかったです。
また、今まで4速ミッションだったのですが、6速ミッションになりました。

 

ミッションのつながりもスムーズですし、高速走行もタウン走行も非常に快適な車です。

 

308SWプレミアムは実は7人乗りです。
私たちは7人で乗ることはほぼないので、広々と使えて非常に快適です。