1. ホーム
  2. 日産
  3. ≫ 日産ピノの買取査定ってどうなの?

日産ピノの買取査定ってどうなの?

pinooo

yajirusi  ピノの買取査定相場の目安

 

line10

 

bg019_img04 最安値の目安 bg019_img03  最高値の目安
25万円 40.1万円

注:みんカラ下取相場でグレードが明記されている買取査定額(2013年10月10日調査より)

line10

 

自分の車として初めて購入したのは、「日産」の軽自動車『ピノ』です。

 

同じ形で「スズキ」では「アルト」、「マツダ」では「キャロル」として出てますが、それぞれ微妙にホイールや全面の部分のデザインが違うんですよね。

 

そんな中で「見た目も形もかわいいっ!」て思ったのが日産の『ピノ』です。

 

元々車を購入する時に「燃費がいいこと」「小回りが利くこと」「見た目もかわいいこと」「高額ではないこと」というのが条件としてあったので、必然的に軽自動車の中から選ぶという状況でした。

 

いくつかメーカーへ見に行きましたが、こういう時ってその上記の条件が揃ってる時、あとの残るはピピッとした直感なんですね。

 

日産のお店で『ピノ』を見た瞬間に「あ、これだ!」って思いましたもん。

しかも、色も私好みの「アンティークローズ」があるなんてある意味運命です。

 

価格はだいたい車体価格自体は150万円前後の間でグレードによって変わる感じです。

 

私の場合は、真ん中のグレードにした記憶があります。(もう数年前なのではっきりしなくてごめんなさい)
あと、それに付属品やカーナビも付けてもらって、最終的には全体の金額から20~30万値引きしてもらった記憶があります。

 

実際に乗り始めると想像以上によかったです!

 

街中乗りが主流なのに燃費もそんなに悪くなくて、ガソリン代が高騰している中で満タンに入れても3000~4000円くらいで修まりますから経済的です。

また内装もベージュ系のシートで落ち着いた印象だし、何より座り心地もとてもいいです。

 

軽自動車でこんなに乗り心地いいとは、購入するまで正直期待してない部分だったので嬉しい大きな誤算でした。

乗って5年になりますが、まだしばらくはこのかわいい『ピノ』に乗ってるつもりです。