1. ホーム
  2. ダイハツ
  3. ≫ ダイハツ・アトレーの買取査定ってどうなの?

ダイハツ・アトレーの買取査定ってどうなの?

atorei

yajirusi  アトレーの買取査定相場の目安

 

line10

 

bg019_img04 最安値の目安 bg019_img03  最高値の目安
8万円 135.2万円

注:みんカラ下取相場でグレードが明記されている買取査定額(2013年10月10日調査より)

line10

 

私が免許を取ったのは、今から約15年前です。

免許を取ってから今までに5台の車に乗ってきました。

 

免許をとってすぐ購入した車は「ダイハツ」の「ミラ」でした。

 

免許取立ては事故を起こす確率が高いからと、父が安い中古の車を探してきてくれました。

それがミラでした。

 

案の定、買ってすぐ横をこすってしまい、それから一時して交差点で事故をおこしてしまいました。
父の言う通り、免許を取ってすぐは、安い中古をお勧めします。

 

二台目は「スズキ」の「エポ」でした。

 

購入した理由は当時流行っていたのと、憧れの先輩が乗っていたことでした。

 

初めて自分の好きな車に乗れた嬉しさは格別でした。

以前事故をしたこともあり、内装・外装手をかけた大切な車だったので、大事に乗りました。

 

三台目は「ホンダ」の「シビック」でした。

 

私はホンダの車のスマートなところが大好きで憧れでしたので、購入した時は本当にうれしく、大人になった気分でした。

購入して初めて乗って帰った日のことはよく覚えてます。

 

色は人気の黒でした。

外からみた姿も、走っている姿も、内装も、エンジンの音も、乗り心地も、本当にすべて好きだったので、車に乗るのが本当に楽しかったです。

 

四台目はホンダの車のよさがシビックに乗ってわかっていたので、またホンダの車を探していて、また形の良さで「アコードワゴン」を購入しました。

 

その当時はカスタムカーが流行っていて、アコードはフルエアロでした。

音にもこだわっていたのでスピーカーもかえていました。

 

結構手をかけていたので、車に乗るのが楽しく、運転も苦じゃなかったので、色んなところにドライブにいきました。
やはり自分の大好きなメーカーの車だったので、大事に大事に乗りました。

 

五台目はガラッとかわって、ダイハツの「アトレー」です。

 

この車は、アコードに長い間のってきて、少しづつトラブルがでてきたので、買い換えようと探してた時に、直感で「これいいね!」とその日に契約しました。

 

中古でしたが値段の割には、とても状態が良く、なんといっても中が広い!!

シートを全部フラットにすると大人二人が十分寝れる広さです。

 

なので、遠出した時に車で寝泊まりしたこともあります!
ゆったりしてるので全然きつくなかったです。

 

乗ってもう4年目ですが、今までに大きなトラブルもなく快適なので、とてもお勧めです。
愛着もわき、乗れる限り乗るつもりです。