1. ホーム
  2. オペル
  3. ≫ オペル・アストラワゴンの買取査定ってどうなの?

オペル・アストラワゴンの買取査定ってどうなの?

astorawa

yajirusi  アストラワゴンの買取査定相場の目安

 

line10

 

bg019_img04 最安値の目安 bg019_img03  最高値の目安
3万円 122.1万円

注:みんカラ下取相場でグレードが明記されている買取査定額(2013年10月10日調査より)

line10

 

結婚して、初めて買ったのは「オペル」の「アストラワゴン」でした。

 

日本車以外の車を買うのは初めてだったのですが、「これから子供ができるかも」、と思いワゴンにしました。
中古で価格は230万円ぐらいだったと思います。

 

シルバーの車体だったので、汚れも気にならず楽でした。
夫より、私の方がよく運転していました。

 

小回りがきいて、乗りやすかったです。
後ろの荷台には、大きなカバーがかかるようになっていたので、屋外に停めておくときに便利でした。

 

荷物がかなり積めるので、バーベキューにも、旅行に行く時にスーツケースを積んで空港まで行くのにもよく使いました。

 

子供が2人できて、そろそろ買い替え・・・と思っていた時に、知り合いの中古屋さんから連絡があり、車を見に行く事になりました。

 

私は映画で見てから、「いつかシボレーのブレイザーに乗りたい。」と思っていたのですが、それを知っていた中古屋さんが「フォードのエクスプローラーのいいのが入りましたよ。」と声をかけてくれたので、見に行きました。

 

実際に見ると、かなり大きくて車幅もあるように見えました。
でも、運転席が高いので、とっても運転しやすく、慣れると幅も気にならなくなりました。

 

中古で200万円しなかったと思います。

4WDなので、雪の日も運転でき、行動の範囲が広がりました。

 

後ろに座席をつけて3列シートにもできましたが、一番後ろはキャンピング仕様のままにしました。
後ろは上下2段に分かれていて、小さな水道・タンク・コンロがついていたり、板を渡してベッドにできるなど、家族で出かけるには本当に便利でした。

 

ただ、凹凸のある線路を渡る時などは、少し揺れるのが気になりました。

 

そして、子供も大きくなってきて、祖父母や子供の友達を乗せたりする事が多くなったので、ついに、あこがれの「ベンツ」のVクラスのワゴンを購入しました。

 

3列シートで7人乗りなのが便利です。
展示車だったので、ほぼ新品でしたが、いろいろな装備(バックカメラ・サイドカメラなど)が付いて450万円ぐらいでした。

 

今までの車の中では、一番車幅があるので、駐車場などは気をつけなければいけませんが、やはり慣れだと思います。
運転席が高いのに一度乗ると、楽なので、普通のセダンでは運転しにくく感じます。

 

Vクラスのワゴンは、真ん中のドアは両側スライドなので便利ですが、窓が開かないので、それだけは少し不便を感じます。
後はとても気に入っています。

 

運転席と助手席の間は何もないフラットだし、運転席から後ろの席にもフラットの床なので、行き来できます。
もちろん、荷物もたくさん積めます。

 

今までの中では、今のベンツのワゴンが一番気に入っています。