1. ホーム
  2. 車を高く売る方法
  3. ≫ 車を売る際の注意点

車を売る際の注意点

a0006_001092

 

車を売る方法は色々ありますが、一般的には「下取り」と「買い取り」のどちらかで売る人が多いです。

 

下取りは、新車販売会社が行っているもので、売った車のお金を現金として入手する事はできませんが、新車を売却価格分値引きした金額で買うことが出来ます。

 

買取は、中古車販売業者や買い取り業者が行っているもので、下取りより高く査定してもらえることが多いです。

買取ってもらった車は現金として入手できるので、「すぐに車を購入しない」、「新車にこだわらない」、「現金がすぐ欲しい」と言う人は買取の方が良いでしょう。

 

買取も下取りも専門の人が査定をしてくれますが、査定額は日々変わってきます。

車の状態が悪いと、インターネット上で公開されている査定の相場よりはるかに低い場合があります。

 

買取で高く買い取ってもらうコツは、買取業者が車の在庫を作りたい、売りたいと思う「大型連休前」などに査定してもらえば、通常より高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。

買取業者によって在庫の数は違うので、在庫が多いところより少ないところで売ったほうが高値が付きやすいでしょう。

 

複数の業者で査定してもらう事が高く売る一番のコツではありますが、査定に出す前に、車についている傷などを修復し、車内も清掃しておけば、買取額がアップします。

 

下取りでは価値が薄い車でも、買取だと「プレミア」がつくこともありますので、頑張っていろいろな業者を巡って、納得したところで買い取ってもらいましょう。

 

一点注意することは、時々、業者側が希望買取価格を聞いてくることがあります。

それにはあいまいに答えた方が良いです。

 

はっきり答えると、その返答額を基準に買取価格が決まってしまう可能性もあります。

高く売れる車を安く売ってしまうと言う事もありえますので、気をつけてください。

 

少しでも高く車を売りたいのであれば、とても大変な事ではありますが、努力は裏切りません。

頑張って査定してもらい、なるべく多くの現金を入手しましょう。

 

check車の買取価格は日々変動する

 

自分の愛車を高く売るには、まずは自分で値段を決めないことです。

年式や元々の車の価格、走行距離などで値段が決まると思いがちですが、買い取る方は、「売れる車に高値」を付けてきます。

 

いくら新しい車でも、買取手がなければ安く買わざるを得ません。

逆に、古い車でも人気のある車種であれば驚くほど高値がつくことがあるので、乗っている車が古いからといってあきらめてはいけません。

 

次に、なるべく多くの買取業者に見積もり依頼をすることです。

1か所で見積りをしてもらって金額を提示されても、素人の私たちはその値段が高いのか安いのか判断をすることは難しいです。

その為、いくつかの業者から見積もりを出してもらうことで、自分の愛車のおおよその価値が見えてきます。

 

その時に、もちろん買取業者に直接足を運ぶのもよいのですが、何か所もまわるとなると、時間も労力もかかります。

そこで、インターネットを利用していっぺんにいくつもの買取業者に見積もり依頼を出せるサイトを活用しましょう。

 

これなら、24時間いつでも家にいながら見積り依頼を出せますし、時間も車の状態を入力するだけなのでものの数分で完了します。

そしてその中から一番高値をつけてくれた業者に買い取りをしてもらうのもよし、それで納得がいかないのであれば、さらに自分の足で直接他の業者に見積もり依頼に行き、値段交渉の材料に使ってさらに高く買い取ってもらうのも一つの手です。

 

そして気を付けなければならないのは「車の買取価格は日々変動する」ということ。

 

せっかく高値を付けてもらっても、しばらく見当してから改めて買取依頼に行くと、車の価値が下がっていたということも少なくありません。

自分で納得のできる見積もりを出してもらったら、なるべく早く売りに出すことも必要です。