1. ホーム
  2. ダイハツ
  3. ≫ ダイハツ・ミラの買取査定ってどうなの?

ダイハツ・ミラの買取査定ってどうなの?

mirak

yajirusi  ミラの買取査定相場の目安

 

line10

 

bg019_img04 最安値の目安 bg019_img03  最高値の目安
5万円 79.7万円

注:みんカラ下取相場でグレードが明記されている買取査定額(2013年10月10日調査より)

line10

 

私が購入した車はこれまで2台で、そのどちらも「ダイハツ」の「ミラ」シリーズです。

 

初めて車を購入したのは、今からおよそ20年ほど前のことです。
まだ免許を取ったばかりだったということもあり、新車を買ってすぐに傷を入れてしまったりするのが怖かったため、最初は中古車を購入することにしました。

 

運転に慣れるのが第一という感覚で、初めての車選びの際には、中古車を候補に入れるのも良いと思います。

 

その時点では特に車種へのこだわりなどはなく、近所の中古車専門店で一番気に入ったダイハツの「ミラTR-XX」を迷わず購入しました。

 

軽自動車の方が小回りが利きそうだということと、何よりその見た目が好みだったからです。
実際に乗ってみると、ターボ車ということもあって大変パワーを感じました。

 

たとえば家族と同乗する機会が多い方などは、軽自動車を選ぶときにターボ車を候補に入れるのが良いと思います。

 

その車には結局10年以上乗り続けて、現在乗っている2台目のミラに乗り換えたのが2007年です。

 

もちろん運転にも慣れていましたので、新車のダイハツ「ミラカスタムRS」を購入することにしました。

 

選んだ理由は、ミラという車種に愛着が湧いたということと、CVTが採用されていたということです。
CVTとは無段変速機のことで、ATをさらに進化させたようなシステムです。

 

たとえば坂道を上るときなど、ATであれば1速と2速の間で回転数が不安定になってしまうところを、CVTであれば快適に上ることが出来ます。
CVTは小排気量の車に向いているため、軽自動車購入を検討している方は、ぜひそこにも目を向けてもらえたらと思います。

 

maru02_org私が購入した車は3台

 

1台目の車種: 中古車、ダイハツ・「ミラ
免許とりたての頃に、ぶつけてもいいようにと親が中古車を買ってくれました。
機能的には問題なし。小回りも聞いて、初心者の私には向いていました。

 

実際に家の門に2度ぶつけたり、駐車場にバックで出るときに相手の車とぶつかってしまったこともありました。
結局最後のぶつかった事故で、直すのもお金がかかるし・・・と思い2代目を購入することに決めました。

 

2台目の車種: 新車、ダイハツ・「ムーブ

 

2代目はそれなりに運転技術もアップしたと思いますし、ちょうどボーナスが入ったので、新車の「ムーヴ」を買うことにしました。

値段は新車なので120万円くらいでした。

 

軽自動車はやはり燃費の良さ、ガソリンをあまり入れなくてもいいですし、保険などのお金が少なくて済みます。
今の軽自動車は、昔の型に比べて、普通車と変わらないほど車内も広くなりました。

 

私としてはこのムーヴをずっと乗っていたかったのですが、妹が免許を取り、まだお金がないということで、妹にこのムーヴを安くあげることにしました。

姉からの免許合格祝いです。

 

3台目の車種: 新車、「トヨタ」「プリウス

 

社会人として、やはり普通車に乗りたいという願望があったため、3年前にハイブリット車がはやっており、その時期にかうと何十万還元というものがやっていたためその機会に「プリウス」に買い換えました。

 

実際には250万円ほど金額はかかりましたが、普通車のわりにガソリンの伸びもいいですし、乗っていて運転が楽しいです。

 

バッグミラーを見なくても、モニターに後ろの画面がついているので、バッグ時の事故防止にも役立っています。
とりあえずプリウスがダメになるまで乗りたいと思います。