1. ホーム
  2. オペル
  3. ≫ オペル・ヴィータの買取査定ってどうなの?

オペル・ヴィータの買取査定ってどうなの?

vita

yajirusi  ヴィータの買取査定相場の目安

 

line10

 

bg019_img04 最安値の目安 bg019_img03  最高値の目安
2万円 15万円

注:みんカラ下取相場でグレードが明記されている買取査定額(2013年10月10日調査より)

line10

 

私が今まで購入した車は2台です。

 

1台目は「オペル」の「ヴィータ」を中古で購入しました。

 

価格は160万円程度、中古と言っても試乗車だったものなので、状態はとてもよかったです。

 

ほぼ新車並みの外装と内装で、オーディオシステムにはCDチェンジャーが付いていました。
もう少し価格の安いものを選ぼうと思ったのですが、ヴィータを一目見て気に入ってしまい、購入に踏み切りました。

 

左ハンドルだったので慣れるかどうか不安がありましたが、意外とすぐに馴染むことができ、とても運転しやすかったです。
乗り心地はすごくよかったですが、ハンドルの小回りが利かなかったり、加速が遅かったりとちょっとした不満はありました。

 

けれど、コンパクトながらどっしりとした存在感が、凄く気に入っていました。

 

2台目は「スズキ」の「アルトラパン」を中古で購入しました。

 

これはネットの中古車サイトで探し、状態がよく、且つ価格の安いものを選びました。
車の形やカラーなどの、見た目もかわいくて気に入りましたが、何よりも内装が私の好みです。

 

ちょっとレトロで可愛らしく、車に可愛らしさを求めている人にぴったりな内装になっています。
加速もよく小回りも利き、ハンドルが軽いのでとても運転しやすいです。

 

純正のカーナビが付いているというのも、購入の決め手のひとつになりました。
軽自動車ですが車内は結構ゆとりがありますし、大きめの荷物も積み込むことができます。

 

アルトラパンに乗るようになってから、ドライブする回数がぐんと増えました。
細い道でも安心してスイスイと通れるというのは、軽自動車の魅力の一つですね。